swiftのSpriteKitというゲームフレームワークを使って効果音やBGMをならします。

iOSのバージョンで音のならし方が違います。

まずは、再生用のAVFoundationをインポートします。

 

iOS 9.0以上の場合
SKAudioNodeが使えます。

iOS 9.0未満の場合
SKAudioNodeが使えないためSKActionを使ってループさせます。

 

どっちでも対応したい場合

iOSのバージョンを取得して対応します

 

SKAudioNodeは簡単に使えますが、まだiOS 9.0未満も多いのでSKActionも必要そうです。
以上となります。