【xcode9 swift4】textfieldやtextviewで利用するKeyboardTypeの種類 (図あり)

今回は、swift4のtextfieldやtextviewでのキーボードについてまとめます。バージョンは下記の通りです。

Xcode: 9.0.1 swift:4.0

 

プロジェクトの作成

 

iOSの「Single View App」で下記のような「keyboard_sample」という名前で作成します。

スクリーンショット 2017-11-13 17.24.57

 

StoryboardでUI設置

 

今回は、キーボードを利用する「Text Field」「Text View」それぞれを配置します。

スクリーンショット 2017-11-13 17.29.32 スクリーンショット 2017-11-13 17.30.19

 

 

配置はそれぞれだいたい真ん中にしました。

スクリーンショット 2017-11-13 17.52.59

 

各UIを紐づけていきます。

スクリーンショット 2017-11-13 17.31.57 スクリーンショット 2017-11-13 17.31.38

 

スクリーンショット 2017-11-13 17.32.13

 

 

プログラム

 

紐づけてそれぞれの.keyboardTypeでキーボードのタイプを設定していきます。

 

 

 

実行結果

.decimalPadは、数字と小数点用のドットのみを表示するキーボード表示となりました。

Simulator Screen Shot - iPhone 7 - 2017-11-13 at 17.49.03

 

 

 

UIKeyboardTypeの種類

 

UIKeyboardTypeは、decimalPad以外にもたくさん種類があったため、それぞれ図で表示しながら見ていきます。

スクリーンショット 2017-11-13 17.57.55

 

 

alphabet(アルファベットのフリック系)

スクリーンショット 2017-11-13 18.01.01

 

numbersAndPunctuation(PCのキーボード風)

スクリーンショット 2017-11-13 18.05.09

 

URL(/や.comなどがボタンになっている)

スクリーンショット 2017-11-13 18.05.21

 

emailAddress(@が入れやすい)

スクリーンショット 2017-11-13 18.11.31

 

namePhonePad(一般的)

スクリーンショット 2017-11-13 18.15.46

 

numberPad(数字のみ)

スクリーンショット 2017-11-13 18.11.43

 

decimalPad(数字と小数点)

スクリーンショット 2017-11-13 18.17.20

 

twitter(@や#など入れやすい)

スクリーンショット 2017-11-13 18.17.42

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

UIKeyboardTypeについて紹介しました。

お金の計算する際やメールアドレス登録などいろんな場面でキーボードを切り替えずにそのまま使えるとストレスがないアプリに仕上がりますよね。

ぜひ利用してみてください。

では、良いプログラミングライフを!

 

 

 


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です