英語勉強のためのLINEボットを作ってみた 1

みなさん こんにちは。

仮想通貨のコインチェックのNEM流出の件で、改めてブロックチェーンの技術の基礎から学びなおそうと考えているS2L2です。

 

2018年の目標はありますか?

 

年始には、みなさん今年の目標を掲げる方も多いかと思います。

そんな私も、2018年に掲げている目標の中で「英語を使えるようにする」というものがあります。

みなさんは、英語を使えていますか??

 

 

 

けっこう勉強時間はあった?

 

意外と勉強時間は義務教育まででも取っていながら、英語で話しかけられると「ひい〜」となりますよね。

中高生の時期で50分の授業を週4したと仮定すると

35週(1年の授業週) * 6年間 * 50分 * 4(1週間での授業数) = 700時間

700時間を授業の時間として受けています!また、テスト勉強や受験として自宅でも同じくらいの時間を勉強したとすると約1400時間も費やしています。

しかし、海外の方は言語の勉強としてさらに上の約2500時間も平均として費やしているようです。(参考サイト:ETN)

 

 

大事なのは、使う時間?

 

By: Andrey

私としては、初めてエンジニアとして就職した時に今まで使ったことがない、プログラミング言語を使って開発しました。コードは英語のため単語なども時には意味不明でしたが(今はおおよそは大丈夫ですw。) どんどん使うことで理解していきました。

英語も同じだと思うんですよね。

そこで、日常会話で英語を使えるサイトを探しました。

 

英語アプリやサイトは豊富でしたが、ビビりな私にとってはいきなり知らない相手に日常会話してと言われてもなかなか踏み切れない 汗・・・断念!w

そこで、自分で勉強道具を作ろうと考えました! 名付けて翻訳ボット・・・そのままです。

スクリーンショット 2018-01-28 1.05.59

 

しかし、翻訳は知らない言葉を知るために使うことが一般的ですが、これは違います。

自分の英語を日本語に翻訳してもらい、日常の会話として話すのです。

初めての相手ではなく、友達のため気兼ねなくいつも通りの会話ができるし、何より一番必要な「日常会話」を考えるきっかけになると思います。

 

友人とチャットしながら、自分は英語で話しつつ相手は翻訳された日本語でチャットを続ける感じです。

 

 

 

 

具体案図

 

スクリーンショット 2018-01-28 1.13.08

相手の言葉は、英語に翻訳されてくる

 

スクリーンショット 2018-01-28 1.12.12

自分は、英語話して相手には日本語で翻訳されたものが表示される

 

そんな大層なものではなく、チャットツールはLINEさんと翻訳機能はMicrosoftさんに手を貸してもらいます。

使うAPIは、下記の2つです。無料枠で使います。

 

言語は、Python3でサーバーはherokuを利用していきたいと思います。

それぞれで立ち上げなどが長くなると思うので、一旦ここで切りたいと思います。

 

 

 


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です