【iOS】【swift】UIImageをextensionして、API利用の際に起こりやすい画像がないときに、デフォルト画像を表示させる

API通信で画像系を扱っていると起こる問題

 

swiftでiOSアプリを開発中にAPI利用していると、以下のケースが起こるときがあります。

・自作APIや、更新が結構頻繁に起こるAPIで画像データ名前などが変わってしまう。

 

なぜ問題なのか

 

UIImageでは、UIImage(named:”画像名前”)で生成することができます。

しかし、namedの中身がアプリ内部になかった場合nilになってしまい画像が表示されません。

毎度UIImageのnil判定して画像がアプリ内部に存在していたら表示するといった処理は、面倒なので、UIImageのextensionとして作成しました。

 

コード

 

extension_image.swift

 

ViewController.swift

 

アプリのアイコンをnoimage用に作っておいて利用しても良いかもしれませんね

とても簡単なので、ぜひお試しください。

 

 

 


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です