React Native エラー Identifier ‘ ~ ~ ‘ has already been declared

React Nativeでよく見かけるエラー

 

fuyong-hua-tEMU4lzAL0w-unsplash

ちょくちょくみかけるエラーで、英語が苦手な人向けにメモです。

React Nativeでは、エラー追跡がなかなか面倒なため、参考になればうれしいです。

 

どんなエラー?

 

Simulator Screen Shot - iPhone X - 2019-07-28 at 02.28.27

Identifier ‘Text’ has already been declared というやつですね。

React Nativeで新しいライブラリやモジュールを使うときとかはよくみます。

 

 

意味は?

 

直訳だと、「識別子 ‘Text’はすでに宣言されています」です。

つまりTextというコンポーネントが、重複されていますよ。と教えてくれています。

先に、react-native-elementsをnpmでインストールしておきます。

 

中身のコードは こんな感じです。

 

 

原因と対処法

 

原因は、react-native ライブラリと react-native-elementsライブラリの両方で「Text」というコンポーネントを使用しているため、どちらを使うかわからなくなっています。

 

解決法は、いくつかあります。

  • どちらかのコンポーネントを削除する
  • import するときに名前を変える

名前は、下記のようにText という名前をTextElementという名前で利用すると宣言するとエラーは無くなります。

 

 


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です