玩具ブログ Child's Plaything

子どもの遊びを広げるためのおもちゃ情報サイト

地球の裏側も覗ける 地球儀Orboot

   

みなさん、こんにちは。みなさんは、旅行はされますか?2017年はなんとムーミンで有名なフィンランドが建国100年目を迎える偉大な年でもあります。12月6日が建国日なので行ってみたいですね。日本にも色々な記念日がありますが、世界に目を向けると毎日がどこかの記念日かもしれませんね。しかし、いろんな国の名前や場所を知っていなければその楽しみも減ってしまいます。しかし、覚えるのも大変ですね。今回は地球儀をAR化して楽しく学べる地球儀「Orboot」を紹介したいと思います。

スクリーンショット 2017-03-17 9.22.08

 

かるたでも国を楽しく学ぶことができます。

[blogcard url="http://karamawariken.net/childsplaything/intelligence_toys/world_calta/"]

 

アプリを通して地球儀の見方が変わる

「Orboot」は今までなんともそっけなかった地球儀に革命を起こすかもしれません。タブレットやスマートホンの専用アプリを通してカメラをかざすと、画面上に各地名特有の3D画像が浮かびあがるようになっています。しかも3Dのキャラクターたちは目の前で動きはじめるので見ていても楽しくなってしまいますね。また浮かびあがる3D画像とともにそれにまつわる物語もあわせて聞くことができるため、視覚、聴覚を刺激しながら地理についてより深く学ぶことができます。

3b7fc5d1eb7652ac2574bd6e824922ca_original

 

 

色々な種類でARで出せるコンテンツが変わる

現状Orbootで楽しめるコンテンツは「動物」「建造物」「食」「発明」「自然」「文化」「政治地図」「気候」の8種類です。子供たちが自分の興味ある分野を選んで楽しめる点も素敵ですね。コンテンツ内には動物にえさを与えたり、クイズに答えたりと、子供たちの学習をうながすためのさまざまなギミックもしかけられているので地球儀と一緒に遊んでいるようです。

スクリーンショット 2017-03-17 9.27.54

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、世界の国々をしるためのきっかけになりそうなAR地球儀「Orboot」をご紹介しました。「Orboot」はKickstarterで2017年4月5日まで資金を募っており、地球儀と3コンテンツのみのものであれば29ドル(約3300円)で注文ができます。「地球儀はただの球体」という常識は今後変わっていくのかもしれないので是非みてみてください。

[blogcard url="https://www.kickstarter.com/projects/playshifu/orboot-a-magical-augmented-reality-globe"]

 

ARに興味を持たれたのならこちらもどうぞ

[blogcard url="http://karamawariken.net/childsplaything/it_toys/virtualmasters/"]

[blogcard url="http://karamawariken.net/childsplaything/it_toys/project-field/"]

Pocket

関連記事

こちらも読まれています。

Sponsored Link

初めてのかたは、こちらから

61soSOwOHTL._SX425_ 1
1億5000万個! 日本人口よりも遊ばれているハンドスピナーに変わる手遊びおもちゃ Tangle(タングル) 5選

今はほとんどの人が知っているかもしれない『ハンドスピナー』ですが、10月にサンフ ...

スクリーンショット 2017-01-30 0.16.15 2
Child's Playthingとは?

Child's Playthingにきていただきありがとうございます。 このサイ ...

 - ITおもちゃ, 小学生対象, 幼児対象, 知能おもちゃ , , , ,